みなさん、どうもこんにちは。当ブログの管理人のmatsuです。

 

お祭り』と言うと、どこのお祭りを想像しますか?

京都の祇園祭や青森のねぶた祭り、福岡の博多どんたくや北海道の札幌雪祭りなど全国でいろいろありますが、今回は江戸の城下町として栄えた小江戸川越で毎年行われている『川越祭』にスポットを当てていきたいと思います!

と言うわけで今回は『川越祭2017山車の時間や交通規制は?駐車場混雑や雨の場合も!』と題してご紹介しようと思います。 では、早速本題に入っていきましょう。

Sponsored Links

川越祭とは?

川越祭とは、江戸の城下町として栄えた埼玉県川越市で毎年10月に行われているお祭りです。

 

その歴史も古く360年前から行われているそうです。

2005年には国指定重要無形民俗文化財にも認定されています。

 

そして、川越祭の見所はなんといっても迫力満点の山車(だし)ですね!

出典 http://www.kawagoematsuri.jp/index.html

こういった山車を町ごとで所有していて(画像のものは幸町の翁の山車)祭りの当日は町中を所狭しとねり歩くさまは大迫力ですよ!

私は子供のころから川越祭に行っているので当たり前ですが、そうでない人はビックリするようですね(゚Д゚;)

川越祭2017山車の時間は?

今年(2017年)の川越祭の開催日10月14日(土)15日(日)の二日間開催です。

 

ちなみに、去年(2016年)は二日間で約100万人の人出だったんですよ!かなりの人出ですよね!

 

川越祭ってにぎやかでとても楽しいお祭りなんですけど、これだけの人出ですから無計画に参加するとせっかくの川越祭の見所の山車を見れないなんてことも…

 

というわけで参考までに前年の川越祭のタイムスケジュールです!

川越祭(山車)の時間

15日

昼の部 14:00~15:00
夜の部 18:00~21:00

16日

昼の部 13:00~15:00
夜の部 18:30~21:00

となっています。

楽しいお祭りですが、朝から参加される場合は疲れますので、休憩時間があるのはありがたいですね( ;∀;)

 

2017年のスケジュールは分かり次第追記していきたいと思います!

 

さて、次は交通規制と駐車場の混雑についてです!

川越祭2017交通規制と駐車場混雑予想!

二日間で100万人の人出がある川越祭ですが、山車が20台以上市内を通る関係で、交通規制がしかれています。

交通規制と臨時駐車場

出典 http://www.kawagoematsuri.jp/sp/kiseimap.html

左の地図の赤い線で示された道路は川越祭当日は使うことができません。

また、川越祭では臨時の駐車場を設けています。右の地図のPで示している7つの地点に70~200台程度が停まれるスペースがあります。

しかし、一日だけでも50万人近くの人出があるのでこの駐車場ではまかないきれません。

なので、川越周辺の有料駐車場も合わせて載せておきますね!


※川越祭当日の交通規制により入れない駐車場もあるのでご注意ください。

ちなみに、祭り会場から離れていた駐車場の方が帰りが比較的スムーズに帰れるのでおすすめですよ!

 

最後は、屋外のイベントでは避けては通れない雨についてです。

川越祭2017雨の場合はどうなるの?

せっかく参加しようとしてるのに雨が降ってきた。

こんな時川越祭ってどうなるの?延期になるの?

なんて疑問に思いますよね?

 

雨天決行となるようです。過去には2013年雨だったようですがこのような感じで開催されていますのでこちらのyoutube動画を参考にしてみてください。

このくらいの雨脚だったらやるっていう目安にしてみてください!




山車に覆いをしてまで川越祭をやるなんて川越の人の祭りにかける思いがわかりますね!

参加する私たちも、もしもの雨に備えカッパを携帯していきましょう!

(人出が多いので、傘だと無用なトラブルの原因になりますのでカッパをお勧めします)

まとめ

今回は『川越祭2017山車の時間や交通規制は?駐車場混雑や雨の場合も!』についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

川越祭に小さいころから参加していたので、是非皆さんにもこの楽しい川越祭に参加してもらいたいですね!

都心からも比較的近いのでおすすめですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

matsu

 

Pocket
LINEで送る