みなさん、どうもこんにちは。当ブログの管理人のukiriwo☆です。

 

鎌倉は皆さん一度は行ったことのある観光地だと思いますが、私が一番おすすめする時期は、ジメジメした梅雨の時期なんです!

「鎌倉あじさい三大名所」なんて言われているくらい、鎌倉にはあじさいのきれいな場所が多いんですが、今回は『明月院』にスポットを当てていきたいと思います!

と言うわけで『鎌倉明月院あじさい2017見頃は?混雑情報やアクセスに駐車場も』と題してご紹介しようと思います。

では、早速本題に入っていきましょう。

Sponsored Links

鎌倉明月院あじさい2017見頃や見どころは?


鎌倉のあじさい寺の別名で有名な明月院ですが、まずはあじさいの見頃、見どころをしっかり押さえておきましょう!

鎌倉明月院あじさい2017の見頃はいつ?

あじさいはやっぱり梅雨っていうイメージありますがいつぐらいが見ごろかって聞かれると実際はよく知らないですよね?

 

明月院のあじさいの開花時期は例年6月上旬頃となっているようです!

そして6月20日~30日くらいに見頃を迎えます。

youtubeにちょうど見頃を迎えた時期の動画がありましたので参考にしてみてください!


 

ちなみに、こちらの明月院では5月から菖蒲も見頃を迎えるんです!

そちらもきれいなので合わせて楽しむのがおすすめです(入場料別途500円)

 

次は見どころ、ココは絶対押さえておきましょう!

鎌倉明月院あじさいの見どころは?

あじさいと言うと生えている土壌の酸性、アルカリ性により花がピンク、紫、青に色を変えるのはよく知られていると思います。

 

この鎌倉明月院のあじさいは2500株あるすべてのあじさいが『きれいな青』なんです。

このことからこのあじさいの色の事を『明月院ブルー』って言うんです!

見所はもちろんこの『明月院ブルー』のあじさいの色の鮮やかさです!

 

朝の早い時間に行くと朝露に濡れていてより一層きれいに見えるんですよ(*´з`)

 

さて次は、鎌倉明月院の混雑やアクセスについてみていきたいと思います!

鎌倉明月院あじさい2017混雑情報やアクセスに駐車場は?

明月院の魅力はわかって頂けたと思います!魅力たっぷりの明月院の混雑情報から観光客が少ないおすすめの時期までご紹介!

鎌倉明月院について


住所

神奈川県鎌倉市山ノ内189

電話

0467-24-3437

拝観時間

9:00~16:00(6月のみ8:30~17:00

拝観料 300円(6月のみ高校生以上500円、小中学生300円
菖蒲園入場料(5月から) 500円

鎌倉明月院のアクセス

電車の場合
  • JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩約10分
  • 江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩約20分
  • 湘南モノレール江の島線「富士見町駅」から徒歩約30分
路線バスの場合
  • 江2201「上町バス停」から徒歩4分
  • 江2201「明月院バス停」から徒歩4分
  • 江2201「建長寺バス停」から徒歩5分
お車の場合
  • 横浜横須賀道路~朝比奈インターチェンジ経由 3.8km
  • 横浜横須賀道路金沢支線~金沢自然公園インターチェンジ経由5.4km
  • 横浜横須賀道路~港南台インターチェンジ経由 5.4km

鎌倉明月院周辺の駐車場



明月院自体には駐車場がないので地図の有料駐車場を使いましょう。

数自体は少ないので使う場合はお早めに!

明月院の混雑情報

なんて言う人もいるくらいこの時期、明月院は鎌倉屈指の観光スポットになるので本当に観光客でごった返してしまいます(;´Д`)

回避する方法としては、早い時間に行く!これに尽きます!

特に、6月は拝観時間が8:30~と早まるのでそこを狙って早めに出かけましょう!

 

また、雨の時は観光客が少なくなる傾向があります。

雨に濡れたあじさいを人の少ない時に見れる雨の日もおすすめですよ!

まとめ

今回は『鎌倉明月院あじさい2017見頃は?混雑情報やアクセスに駐車場も』についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

ukiriwo☆

 

Pocket
LINEで送る